【23日目 日本一周ヒッチハイク旅】仙台〜水戸 本当に魅力的な人との出会い

更新全然出来てなくてすみません(-_-;)

最近、1文目が必ず謝罪から入ってます柿ピーですw

 

学校が始まり忙しいですが根気強く書いていきます!

 

23日目はほんまに衝撃的でした…特に、福島の原発事故現場が印象的でした(×_×)

 

てなわけで、23日目スタート!!

 

 

ギャルのお姉さん達をヒッチハイク

法事で名古屋から帰り仙台で相方と合致!今日は福島の原発事故現場を見に行く予定だったので、仙台から南にのびる国道4号をとりあえず目指して歩きます!

 

途中、仙台市中心部を流れる広瀬川の土手を歩いてました!のどかで良いですね〜(^-^)


f:id:fkakip:20170407161746j:image

 

 

ここの川の白鳥を完全に従えるおっさんがいましたw
f:id:fkakip:20170407161953j:image

 

そんなのどかな光景を眺めて、仙台駅から徒歩1時間歩きました。

そして、国道四号線のサンクスから福島県の「相馬市」を掲げてヒッチハイクを開始!!

 

すると、待つこと30分ほどで福島市のスポッチャに行くというギャル系のお姉さん2人にのせてもらいました!

ギャル系のお姉さん達で凄くハイテンションで車内は盛り上がりました!

 

道中お姉さん達とジュースを賭けて年齢当てゲームをしました。ガチで25歳位だとおもったのですが、33歳でした( °_° )

女性の年齢って外見じゃわかりませんね(-_-;)

 

結果的に、お姉さんの優しさでジュースを頂きました!さらにメッセージも!めっちゃエール貰いました!

( ˙O˙ ).。oO(ノリが若い…これで30代は反則やー!)
f:id:fkakip:20170407164241j:image

 

 

仙台脱出へ!!

国道4号から6号を目指してヒッチハイク開始!すると、母娘の車が止まってくださり6号線の亘理町のサンクスまで乗せてくださりました!

 

娘さんは6歳で今年小学1年生で凄く可愛かったです。ピアノ教室に向かうんだとか!

メッセージも日本だけ漢字で書いてある所とかめちゃ可愛らしかったです!


f:id:fkakip:20170407165139j:image

 

 

亘理町のサンクスから相馬市を掲げてヒッチハイク開始!待つこと10分ほどで仙台で遊んできた帰りだというおじさん2人が乗せてくださりました!

 

そのおじさん2人なのですが、原発で働いているらしいです。原発の今の状況や周りの風景などの話をしてもらいました。

実際に働く人のリアルな話は生々しかったですが、聞くことが出来て本当に良かったです。

 

原発のギリギリのエリアである南相馬市の道の駅までのせてもらいました!道の駅の観光案内板なんですが、震災から6年経った今でも「津波震災」のシールが貼ってあるのが現状でした…
f:id:fkakip:20170407170239j:image

 

 

 めちゃ熱い話をしながら一気に水戸へ!

道の駅の向かいにあるワークショップで「いわき」方面を掲げて待つこと10分程。BMWの車に乗るおじさんが乗せてくださりました。

 

東京電力の元社長に呼ばれて横浜からきたらしく、この方も原発事故の現状を見に来たみたいでした。

 

てなわけで、福島第一原発の6キロ圏内の最近やっと除去が終わった地域まで連れてってくれました。福島で見てきたモノは自分に与える影響力が大き過ぎたので別記事にしてアップします。。。

 

そして、このBMWに乗せてくださった方(以下、BMWさん)が魅力的で影響力大き過ぎたのでその事について書いていこうと思います。

(´-`).。oO(柿ピーは他人の影響をめちゃくちゃ受けやすいです…笑)

 

輝かしすぎる実績

このBMWさんはもちろん纏ってるオーラとかも凄くて話し方にも説得力のある方でした。僕の考えなんですが、説得力のある話っていうのはある程度の実績から生まれると思うんですよ。

 

てなわけで、今までどんな事をしてきたのかを聞いてみたら凄すぎて驚きました(笑)

 

早慶出身で卒業後にIT会社を起業

僕ても知ってるような大手IT会社(ソフトバンク並に有名です笑)に引き抜かれる

日本の2大広告代理店の1つから引き抜き

もう1度起業

僕でも知ってるような有名企業の新規事業部からヘッドハンティング

 

 

やばくないですか??こんなキャリアぼくも歩んでみたいもんです。特に凄いのが全てヘッドハンティングされているって点です。大企業から必要とされる人材になりてえええ〜(笑)

 

そんな凄い方で話してみると説得力があり、めちゃくちゃ影響を受けました。特に影響を受けた考え方が3つあるので書いていきます!

 

 
仕事も趣味も全て100%を尽くす

BMWさんは仕事が100%を尽すのは当たり前だけど、僕は趣味も100%で大事にしてるんだ。と仰ってました。特に趣味を大事にしていたので何でなんだろう?と思いました。

 

 趣味を大事にする理由は2つあります。1つは仕事以外の心の拠り所がある事で普段の振る舞いに余裕が出来るからです。単純に息抜きになりますしね。ストレス発散的な意味もあります。

 

もう1つの理由は趣味がある事で仕事の人間関係にも良い影響があるからです。例えば、仕事仲間と趣味のゴルフをする事で仕事での人間関係が良くなるなどです。

 

BMWさんは趣味のキャンプに気になった人を誘うみたいです。キャンプって時間もかかるし、色々準備が大変だったりして誘っても社交辞令になっちゃって来てくれない人も多いみたいです。

 

でも、逆に言うと本当にキャンプに誘って来てくれる人は社交辞令にしない信頼できる人になります。つまり、趣味であるキャンプに人を誘うことで信頼できる人かスキャニング出来るわけです。(笑) しかも、キャンプの夜って妙に深い話とかも出来るみたいで、信頼できる人間関係を作るには最適なんだとか!!

(´-`).。oO(キャンプ用品買お…笑)

 

 

他にも仕事とは全く関係ない趣味の人間関係から仕事が舞い込んできたりする事もあるみたいです。実際にぼくも旅が終わったら営業の仕事を学生のうちにしておきたいと考えてました。すると実際に趣味の社会人サッカーの会社を経営する先輩から営業の仕事を頂けました(^-^)

 

良い人間関係を築くことはガチでその趣味に取り組まないとできないと思います。なので、100%を趣味にも尽くすんですね!

 

 

 

 ただし、100%より尽くしてはいけない。

 上述した事に対して僕はすごく納得したのですが、1つ気になる事がありました。それは、時間の制約だったりがあって全てのことに対して100%で臨むことは不可能じゃないか??という疑問です。

 

これの答えが見出しにも書いたことです。オーバーワークになってはいけません。100%を超える事をしてしまうと他の事をする時間がなくなったり、スポーツだったら怪我してしまったりします。よって、自分が満足できるベストな100%の基準を自分の中に作ってその100%を尽くすことが大事です。

 

これは人間関係においてもそうです。興味の無い人に対して相手の興味を超える熱量で話したりしてしまうと相手は嫌がります。よく言われる「いらぬお世話」だったり、「おせっかい」みたいなものですね。つまり、相手との空気感を考えてその場面ごとで自分基準の100%を与えないといけないということです。

 

自分基準の100%ってそれぞれの持つ価値観によるものなので定義が難しいですが自分が満足出来る所でいいんじゃないでしょうか。ただ、妥協して自分にとっての60%を自分の100%に設定するのはやめましょう。(笑)

 

 

与えすぎず、与えられすぎず、丁度いいバランスのとれたgiverでありましょう

 

 

家族、先祖を大事にする

家族、先祖を大事にしなさい。ってことでした。やっぱりこの旅で色んな人と出会ったんですけど、成功者とか魅力的な人は皆口を揃えて「家族を本当に大事にしなさい」って言うんですよね。

 

ぼくも実家から出てきて親元離れて暮らして家族の大事さが自分の中で希薄になってきていた所だったので本当に大事なことに気付かされました。

 

この事は本当に大事なことなので、自分的にちゃんと考えて自分の中に落とし込んでから記事にしたいのでまた書きます。

(´-`).。oO(サボったわけじゃないよ…?笑)

 

BMWさんからのメッセージです!
f:id:fkakip:20170412202038j:image

 

 

BMWさんとは他にも色々話しました。お互いの趣味の話や資本主義の事など難しい事も話しました。本当に自分にとって刺激になりました!

 

BMWさんはガチで成功者で普段生活してたらほとんど出会う機会なんてない人なので

本当にヒッチハイクしてて良かったなって思いました!

 

 

23日目まとめ

この日は本当に福島の原発だったり、BMWさんとの出会いだったり色々な面で気付かされる事が多かったです。

 

本当に自分的にこの旅の中でも忘れられない1日になりました。

 

出会えたことに感謝!!!!!

 

 

 

今日使ったお金:2800円

200円(朝飯マック)

980円(夜飯ガスト)

1650円(ネカフェ)

 

旅の合計金額:73705円

 

乗った車台数:4台(累計64台)

 

ルート:仙台〜岩沼市亘理町南相馬市〜水戸

 

にほんブログ村 旅行ブログ ヒッチハイクへ
にほんブログ村